コウですが何か?-blog-

現役バリスタ兼ギタリストの僕がコーヒー、音楽、旅について発信していくブログです!

コーヒー好きなら見て欲しい映画「A FILM ABOUT COFFEE」を知っていますか?

 

[※この記事は1分で読めます]

 

どうもコウです!

f:id:KOUdesu:20190801001304j:plain

 

きっと僕の記事を読んでくださる方はコーヒーが好きな方なのでは?と勝手に解釈しているのですが、そんなあなたにご紹介したい映画があるので今日は紹介します!

 

少し前の映画なのですが、「A FILM ABOUT COFFEE」というコーヒーの映画があります。

 

 

こちらの映画は1時間ほどの短い映画なので週末のちょっとした時間にオススメですよ〜それでは紹介していきましょう!

 

 

1.A FILM ABOUT COFFEEとは?

f:id:KOUdesu:20190815205415p:plain

出典元:A FILM ABOUT COFFEE webサイト(http://www.afilmaboutcoffee.jp/)

 

この映画は知っていましたか?

 

実は2014年に公開された映画なのですが、僕も気づいた頃には終わっていてダウンロードチケットを買おうと思ったら売り切れていて観れなかった映画なんです…

 

それが今はDVDとアマゾンプライムビデオレンタルで観れる様になっています!

 

内容としては、

 

生活の中に当たり前にある一杯はどこから来るのだろう?という問いに答える様な内容になっています。

 

僕らが普通に飲んでいるコーヒーはコモディティーなコーヒーと、スペシャリティーというコーヒーに大きく分かれるのですが、どちらにしても生産者無くしては僕らの手に届くことはありません。

 

そのコーヒー豆が生産者から我々の手に渡るまでにどんな苦労があるのか、そして生産者が初めて自分のコーヒーを飲む瞬間、そしてバリスタの手に渡ったコーヒー豆をどう消費者に届けるのかが分かります。

 

そして最後に美味しいコーヒーを飲むには選ぶ必要があるよというメッセージがあります。

 

2.A FILM ABOUT COFFEEには日本のコーヒーショップも出ています!

 

この映画には2つの日本のコーヒーショップが出ています!

それが【大坊珈琲(表参道) 】【ベアポンド(下北沢)】です。

 

前者はもう閉店してしまい何年も経つのですが、年配の方やコーヒーが好きな方には伝説的なお店であり、伝説的な人物である大坊さんがネルドリップを真剣に抽出している姿をこの映画の中で見る事ができます。

 

後者は今も下北沢にあるコーヒーショップで僕もたまに訪れるお店なのですが、このお店もまた伝説的なオーナーの田中さんが店頭に立たれているお店で、映像の中ではまさにコーヒーに真剣に向き合う姿が映っています。

またこのお店はバリスタの方なら必ず行ってみた方がいいという話が出るくらいエスプレッソが評判のお店です!

 

3.A FILM ABOUT COFFEEオススメポイント!

 

f:id:KOUdesu:20190730184535j:plain

 

この映像の中で何よりオススメのポイントとなるのが「生産者」を映している部分です!

 

僕もこの映像で初めて知ったのですが、1本のコーヒーの木から取れるコーヒー豆の量は僅か450gだそうです。

 

そしてその450gのコーヒーを作る為に一個ずつコーヒーチェリーを摘んでいく姿や生きたこのコーヒーが環境によって収穫できない時、価格の変動により生産が追いつかない苦労の姿、そこに生産技術の向上を手助けする姿や価値を見出しいていく過程などコーヒー1杯になるまでの有り難みが見る事ができます。

 

4.この週末はぜひご覧ください!

f:id:KOUdesu:20190815221524j:plain

 

お米にしても小さい頃から粗末にしちゃいけません!

一粒作る大変さを知りなさい!なんて言われて育った方も多いはず

 

 

このコーヒーにしても生産者が過酷な環境と大変な中育て上げ、その豆の味を最大限に活かせる様に焙煎し、バリスタがより美味しいを目指し試行錯誤しながら一杯を作りあげます。

 

その過程がこの1本の映像に込められています。

 

コーヒーに携わらなくても楽しめる映像だと思うのでこの週末是非観て欲しいなと思います!

 

それでは今回はこの辺で!

 

読んでくれてありがとうございます!!

 

 


人気ブログランキング