コウですが何か?-blog-

現役バリスタ兼ギタリストの僕がコーヒー、音楽、旅について発信していくブログです!

美味しいコーヒー豆を購入する為の秘密の質問をバリスタが紹介します!

 

[※この記事は1分で読めます]

 

どうもコウです!

f:id:KOUdesu:20190801001304j:plain

 

 

今日紹介する話はコーヒー関係の仕事をしている方じゃないと知らない情報かと思います!

 

だからコーヒーショップによっては「それ話すなよ!」ってなるかもしれませんし、購入者からすると「いい情報仕入れたぜ!フフフッ」となるかもしれません(笑)

 

さて、どんな質問を投げかければ美味しいコーヒーを購入出来るのかお話していきましょう!

 

 

 

 

1.美味しいコーヒーの定義

f:id:KOUdesu:20190718211017j:plain

 

まずこの話を進める上で、文章中での美味しいコーヒーの定義を決めておきます!

 

僕が今回お話を進める上での美味しいコーヒーの定義は、

 

✅ベストな状態のコーヒー豆であること
 

です!

よりここから深掘りしていくと、ベストな状態のコーヒー豆の定義は、

 

✅一番味がまとまってきた状態のコーヒー豆

 

を指します!

 

この2点を頭に入れた上で読み進めましょう。

 

2.一般的に美味しいコーヒーとは?

f:id:KOUdesu:20190808152610j:plain

一般的に美味しいコーヒーとして紹介されるときによく使われるワードに、焙煎後24時間以内の豆を使用」とか「焙煎後一週間以内の豆だけを使用」というワードがあります。

 

なんか聞いたことありませんか?

 

確かに焙煎後24時間以内の豆を使用とかって聞くと、

 

このお店ってフレッシュな豆を使ってるんだなぁ

 

とかって思ってしまいますよね?

しかしそこで一度立ち止まって欲しいんです!

 

本当にそれが美味しいコーヒー豆ですか?

 

3.そのコーヒー豆がベストな状態の豆なのか確認してみよう!

f:id:KOUdesu:20190730184535j:plain

 

じゃあフレッシュな豆がベストな状態の豆なのでしょうか?

 

バリスタとして働いてきた僕からいうと、

 

NOです!

 

それはなぜか

 

厳密にはYESの部分を持ち合わせたNOという答えなのですが、「フレッシュな状態を維持し、ベストなエイジング期間を経たコーヒー豆が美味しいコーヒー豆」というのが僕の答えです!

 

✔︎「焙煎後一週間後がオススメ」という一般的なフレーズ

コーヒー豆を購入するときに、お店のスタッフから「焙煎後一週間後がオススメ」というフレーズを言われた経験はありませんか?

 

普段コーヒー豆を購入しないよという方だと聞かないと思うのですが、豆を購入することが多い方ならきっと聞いたことがあるフレーズだと思います!

 

実はこのワードってとても使い勝手がいいフレーズなんです。

 

コーヒーは焙煎したときに炭酸ガスが発生され、多孔質状の豆の中に炭酸ガスが溜まります。

 

それが、

・日に当たること

・湿度があるところでの保管

・豆を挽くこと

 

炭酸ガスが徐々に減るのですが、フレッシュな豆と言われるものは炭酸ガスが残っており抽出時に膨らむんです。それが指標となる為、「焙煎後一週間がオススメですよ!」とコーヒー屋のスタッフが紹介するんです

 

でも色々な土地で育ったコーヒー豆で、焙煎士さんも違えば、焙煎機も違う。そして一度に焙煎する量も違います。

 

それなのにベストな状態のコーヒーは焙煎後一週間以内なんてことが言えるでしょうか?

 

 

✔︎お店によって美味しいコーヒー豆が完成するのにはラグがある

先ほど話した通りお店によって、

 

・豆の育った地域の違い

・焙煎士さんの違い

・焙煎機の違い

・一度に焙煎する量の違い

 

など違いが当然あります!

 

また、焙煎士さんによってはベストな状態になる日数を計算し出荷や販売をする方などもいます。

 

だからAというお店では焙煎後1週間がベストな状態のコーヒー豆だったりする一方、Bというお店では2日後がベストな状態のコーヒー豆だったりするのです!

 

ちなみに僕が4月まで働いていたお店は味がベストな状態になるまで3週間〜1ヶ月かかりました。その期間かかることを焙煎士さんも、我々も把握していたので店舗に用意する豆は残量を常に確認し発注していましたよ!

 

また、保存・管理も徹底していたので1ヶ月経ってもしっかり炭酸ガスは残っていますし、ハンドドリップをしても膨らむフレッシュな状態です!

 

4.美味しいコーヒー豆を購入する為の秘密の質問はこれだ!

f:id:KOUdesu:20190717214658j:plain

ここまで紹介した中に答えはもう出ているのですが、「美味しいコーヒー豆を購入する為」にこういう質問をお店のスタッフへ投げかけてみましょう!

 

それは、

 

「こちらのコーヒー豆は焙煎後、何日目がベストな豆の状態ですか?」

 

です!

 

この質問で分かることが2つあります!

それは「自分が飲みたいタイミングでベストな状態なのか」という確認と、「ベストな状態のコーヒー豆をちゃんと把握できているお店なのか」です!

 

 

前者は例えば、

・今日知り合いが遊びに来るからコーヒーくらい出さなきゃ

→欲しいのは今日ベストな状態の豆

なので、

「こちらのコーヒー豆は焙煎後、何日目がベストなコーヒー豆の状態ですか?」という質問の返答次第で、包装されている袋に記載されている焙煎日と照らし合わせれば手に持った豆がベストな状態か分かります!

 

また万が一、焙煎後一週間がベストと言っているのに陳列されている豆が焙煎後2〜3週間経っているものなら買わなくて済みますよね!

 

後者は、「こちらのコーヒー豆は焙煎後、何日目がベストなコーヒー豆の状態ですか?」という質問に対して受け答えできない、または一般的には〜と話すお店は基本的には豆の状態に関してあまり関心がないお店だということが分かります!

そういうお店はなるべく購入しない方がお金の無駄にはなりにくいです。

 

 

ちゃんとコーヒー豆の状態を確認し、把握できているお店からすれば「おっ!コーヒー好きなお客さんなんだな!」という感情で終わるのですが、コーヒー豆の状態を確認、把握できていないお店からするとすごく嫌な質問にもなるのでとても効果的です!

 

 

5.全ては美味しいを届けたいから

正直コーヒーは薄利多売の商売です。

そんなことから豆の状態が悪くても、コーヒー豆を売ってしまうお店も少なからずあります。

 

でも僕らバリスタの仕事に「美味しいコーヒーを提案し、知ってもらう」というものがあります!

 

だからこそ、そういう悪質なお店で購入したり、こだわりを持たずに販売しているお店以外で購入して欲しいなと思うんです!

 

今回紹介した「こちらのコーヒー豆は焙煎後、何日目がベストなコーヒー豆の状態ですか?」というワードをぜひ使ってもらい美味しいコーヒー豆をゲットしてもらえたら嬉しいと思います!

 

それでは今回はこの辺で

 

読んでくれてありがとうございます!!

 


人気ブログランキング