コウですが何か?-blog-

現役バリスタ兼ギタリストの僕がコーヒー、音楽、旅について発信していくブログです!

美味しいコーヒーを飲む!事前オーダー性の問題と軽減税率でお得な方法とは?

 

[※この記事は3分で読めます]

 

どうもコウです!

f:id:KOUdesu:20190801001304j:plain

 

 

2019年のコーヒー業界は、

 

・スタバやタリーズといったシアトル系が出てきたセカンドウェーブ

・北欧のコーヒーショップ・ブルーボトルコーヒーが提示する高品質な浅煎り中心とした豆を提供するサードウェーブ

 

の頃とまた違う動きがあります。

 

その動きは先述のような派手さは無いですが、着実に転換期を迎えています!

 

それが、

 

✔︎事前オーダー性の導入

 

✔︎消費増税に伴う軽減税率の適用(店内とテイクアウトで税率が変わる

 

です!

 

今回は少し難しい話になるかもしれませんが、上記の2点が及ぼす影響の中でメリット・デメリットがどこにあるのか、美味しいコーヒーをお得に飲むにはという点にフォーカスを当てて、現場でに働く人間からのお話をしたいと思います!

 

 

 

 

 

1.コーヒー業界にも事前オーダー性が続々と導入開始!

f:id:KOUdesu:20190717214424j:plain

 

日本では2016年に東京からUber eatsのサービスがスタートしました。

 

僕が4月まで働いていたコーヒースタンドは、そのUber eatsがスタートした時から取扱店として表立ってサービスを行っていました。

 

だいたいこの頃から事前オーダーがコーヒー業界にも増えてきた印象が強くあります。

 

そんな事前オーダー性も今やスターバックスコーヒー】も一部店舗で導入、そして今年オープンした【TOUCH AND GO COFFEE】(※近々詳しく紹介します!)という完全事前オーダー店舗まで出現するようになりました。

 

✔︎コミュニケーション空間のコーヒーショップという時代からの変化

 

それこそ遡ること数十年前、

 

我々の祖父母の時代のコーヒーショップだと、祖父母からは政治の話を討論したり、学業の話をしたり、時に異性との出会いの場だったという話を聞きました。

 

そこから話す内容に変化があるでしょうが、コミュニケーションを取る空間でもあるという部分は変わらずにきました。

 

 

しかし、それが今はオンライン上で会計をして商品を受け取る

 

 

現場で働く僕としてはお客様とのコミュニケーションが、結果的にお客様のストレス発散にも繋がりリラックスも出来ると思っていますし、お客様同士が繋がることで新たな話題が出てきたりとプラスに働く事の方が多いように感じています。

 

だからこそオンライン上で会計、受け取ってサヨナラは少々寂しく感じてしまいます。

 

✔︎忙しい方には時間や手間を取らせないというメリットも!
 

f:id:KOUdesu:20190919205716j:plain

時間に追われている方には事前オーダー性は本当に素晴らしいサービスだと思います!

 

・会計

・好みを細かく設定出来る

・受け取り時間の設定が可能

 

などお客様ファーストのサービスが徹底出来ます。

 

コーヒーショップに行かないと買えない、注文が煩わしいそんなストレスがまずありません。

 

✔︎配送サービスでドリンクを購入するとデメリットも…

 

f:id:KOUdesu:20190717214928j:plain

Uber eatsが良い例なのですが、こちらは完全に配送サービスを伴うものになります。

 

その場合、出来上がりすぐの物をお客様が手にして飲めるわけではありません。

 

そういったことからドリンクが冷めたり、氷が溶けて味が薄まるといったことが起きてしまうというのが僕ら作り手も頭を抱えてました。

 

本当に美味しいものを飲むには事前オーダーはしても御本人が取りにきて頂くのが望ましいです。

 

サービス自体は否定しませんが、ドリンク× Uber eatsはあまり相性が良いとは言えません。

 

 

2.コーヒーも値上げの可能性大!軽減税率の適用後にお得に飲むには?

f:id:KOUdesu:20190919205542j:plain

 

軽減税率が適用されると、店内で飲食する場合とテイクアウトだと税率が変わります。

 

このタイミングでやはり値上げをするコーヒーショップも沢山あるようで、消費者としては少し頭を抱えるところですね。

 

しかし、工夫次第では格安とは言えなくてもこれまで同様の価格程度ではコーヒーを購入することも可能です。

 

✔︎キャッシュバックキャンペーンを利用しよう!

f:id:KOUdesu:20190919205525j:plain



電子マネーやクレジットカードを使えるコーヒーショップもかなり増えてきました。

 

それこそ若者や外国人が訪れるような街のコーヒーショップでは尚更だと思います。

 

そういったエリアでコーヒーを購入する際は店内でもテイクアウトでもオススメしたいのが電子マネーやクレジットカードでの決済です。

 

・クレジットカード会社のスマホ決済の例

クレジットカードで利用者の多いJCBカードスマホ決済の例を出しましょう。

 

こちらは現在行われているキャンペーン中に登録し利用すると20%がキャッシュバックされます。

もちろんコーヒーに限らず、JCBカードで買い物をすればキャッシュバックされるので浮いたお金でコーヒーなんていうのもアリです!

 

 

 ・au walletカードでの支払いでポイントが貯まる

 auが発行しているau walletカードは現金をチャージし使用出来るデビットカードです。

 

<pこちらは200円毎に1ポイント、ポイントアップ店だと付与率が上がる仕組みになっているのが特徴で使っていると結構頻繁にポイントを受け取れる印象です。>

またそのポイントは、カードの中に現金と同じようにチャージし買い物で使えるようになります!

 

一見低く感じるかもしれないポイントの付与率ですが、本当に気付いたら結構ポイントが貯まっていて毎月コーヒーは1〜2杯飲めるほどになります。

 

・paypayを利用で最大10%キャッシュバック

2019年10月1日〜2020年6月30日までの間にpaypayを利用すると最大10%のキャッシュバックがされます。

 

今では利用者も多いpaypayですから、上手に利用すれば普段よりも節約することが出来ると思います。

また最近電子マネーやオンライン決済を行なっている半数くらいのカフェだと、paypayは普通に使えると思うのでこちらも利用してみて欲しい方法です。

 

3.時間とお金を上手に使いあなたらしくコーヒーを飲もう!

f:id:KOUdesu:20190717214658j:plain


 

今回は少し難しいというか硬い内容となってしまいましたが、コーヒー業界における「事前オーダー制」と「軽減税率が始まっても美味しいコーヒーをお得に飲む」ということをお話してきました。

 

 

簡単におさらいすると、

 

POINT1

・時間に追われている方は上手に事前オーダー制を利用してコーヒーを飲もう!時間がある方はお店でコーヒーとコミュニケーションに対価を払おう!

⬇︎

ただし、自分で取りに行かないようなUber eatsなどでは冷めたり、氷が溶けても仕方ないと思いましょう。

 

 

POINT2

・軽減税率に伴い値上げするカフェが増えるが、キャンペーンを上手に利用して美味しいコーヒーもこれまで通り飲もう!

⬇︎

クレジットカード、電子マネー、決済アプリなどを使えば現金で買うよりお得になるので、浮いたお金でコーヒーを飲もう!

 

 

という2点です!

 

いつもと違いコーヒーの味やお店の情報は話しませんでしたが、読んでくれた方がこれを機に美味しいコーヒーを手放すことなく、事前オーダー制や決済方法を選びお得にコーヒーを楽しんでくれたら良いなと思っています。

 

 

それでは今日はこの辺で

 

 

読んでくれてありがとうございます!!

 


人気ブログランキング