コウですが何か?-blog-

現役バリスタ兼ギタリストの僕がコーヒー、音楽、旅について発信していくブログです!

海外でストリートパフォーマンスするなら知っておこう!

 

[※この記事は1分で読めます]

 

どうもコウです!

f:id:KOUdesu:20190801001304j:plain

 

僕は今年から海外でストリートパフォーマンス(ギター演奏)をし始めたのですが、ストリートパフォーマンス向けの情報があまりに少なく困ったことがありました

 

そのようなこともあり今回は、

 

「海外でストリートパフォーマンスするなら知っておこう!」

 

 

 

 

 

1.まずはどこでストリートパフォーマンスをやっている人がいるのか調べよう!

f:id:KOUdesu:20190531231410j:plain


 

現地で行く前に下調べは必須!

 

 僕も同じように事前に調べようと

 

「〇〇(現地) ストリートパフォーマンス」

「〇〇(現地) 路上 演奏」

「〇〇(現地) ギター演奏」

 

 で検索をかけました

 

しかし意外と情報が少なく、大体その検索でヒットする内容は現地へ行った方が

 

「〇〇へ行ったら演奏してる人がいて楽しかった〜」

 

とアップしている記事になります

 

 

確かにそれも一つの情報なのですが、

そのような記事もたくさんあるわけではありません。

 

中にはもう何年も前の情報になっていることもあります!

 

 

そこで検索の方法を変えることにしました!

その変更方法は、

 

・検索ワードを【busker】や【busking】に変更

・検索する場所をグーグルだけじゃなくYouTubeも利用する

 

 

さて、ここで知らないワードも出てきました! 

 

 

2.【busker】【busking】ってなに??

 

【buker(バスカー)】【busking(バスキング)】という単語は日本だと少し馴染みのない単語かもしれないので、英語が得意な方や普段からストリートパフォーマンスをしている方以外はなかなか知らない方も多いのではないでしょうか?

 

 

実は僕も知らなくて調べているうちに知りました

 

 

この【busker】と【busking】という単語は、投げ銭で収入を得て人を楽しませたり、ものを売る人」のことを指すようです

 

なので

 

・ダンスパフォーマンスしている方

・演奏している方

・絵を書いている方

・マジック(手品)をしている方

 

などはみんな【busker】や【busking】です!

 

 

3.許可のいる場所、いらない場所

f:id:KOUdesu:20190601184847j:plain

 

基本的に海外でただの旅行者が収入を得ることは禁止です!

でも正直ストリートパフォーマンスくらいだとそんなに厳しくないような気はします!ただし、絶対大丈夫とは言えませんので自己責任で行ってください!

場合によっては罪に問われたり、入国出国でトラブルなんてこともあるかもしれません!

 

【3.許可のいる場所、いらない場所】についても同じで、許可を取らずに行った場合に注意で終わればいいのですが、それだけでは終わらないパターンもあるので注意が必要です!

 

そこで許可の有無についてこの2つをしておけば大丈夫かと思うので書いておきます!

 

 

・法律に詳しい方が書いているページで確認

僕がロサンゼルスで演奏をする時にアメリカに住む外国人の方からいただいたのがこちらです!

http://suebasko.blogspot.com/2011/04/how-to-be-street-performer-in-los.html?m=1

f:id:KOUdesu:20190614124555j:plain

 

エリアごとの許可の有無が書かれたり、許可の有無に関わらずルールがある場所がほとんどなのでそのルールが載っています!

 

こういったサイトを見つけるのが場所探しをする上で重要かと思います!

 

 

・実際演奏をしている方に聞いてみる

事前情報として演奏している方がどこに多いのか調べて分かっているのなら、正直この方法が一番手っ取り早いです!

僕も本当はやりたかった場所があったのですが、そこは許可制のストリートで断念したことがありました!

 

 

またここで許可が必要な場合どんなことが必要なのか

期間、費用はどんな感じなのか少しお話します

 

 

4.許可が必要な場合

f:id:KOUdesu:20190601182645j:plain

 

許可が必要なエリアではほとんどが警察署で届け出を出します!

その時IDが必要となるので現地に住んでいる方なら住所が記載されているものになると思うのですが、旅行者の場合大前提でパスポートが必要になると思います!

ただ、先ほども書いた通り海外で旅行者が収入を得ることはNGなので許可の降りない場合もあるでしょう

 

 

また期間ですが、1日限定のものから1ヶ月間というものもあり場所によってそれも変わってきます!そこに関してはそれぞれ調べる必要があるかと思います!

 

 

費用ですが、当然期間によって変わってきたりします!

僕のやりたかった通りだと1週間で$30ほどでした。この通りは人通りも多いのでこの費用は回収しやすいと思いますが滞在期間と許可が降りるまでの期間が必要で断念しました!

 

許可が降りるまでもマチマチで即日のところもあれば、数日必要な場合もあります!

調べたりちゃんと聞かないで許可を取りに行き、許可が降りるまで演奏出来なかったってことが無いようにしましょう!

 

 

またヨーロッパだとEU圏内に住む方なら許可が降りるというパターンもあるようです!

僕も調べているところなのでわかり次第また更新します!

 

 

5.色々面倒だけど楽しいですよ!

f:id:KOUdesu:20190531231334j:plain

実際下調べして、現地でその場を見たり、話を聞いたりと実際にパフォーマンスをするまでに面倒なことはありました

 

でもそれが終わり演奏してみると本当に楽しいです!

カップルやファミリーが足を止めて見てくれたり、中には映像を撮影してくれたりチップを入れてくれる人もいます!

 

またアジア人がパフォーマンスをしているところを見たことが無い人が多いようで楽しんでいってくれる方も多いです!

 

下調べの大変さもきっとこういう時に吹っ飛びますので、頑張って調べて楽しい時間を過ごしてきてもらえたら嬉しいと思います!!

 

 

それでは読んでくれてありがとうございます!

 


人気ブログランキング