コウですが何か?-blog-

現役バリスタ兼ギタリストの僕がコーヒー、音楽、旅について発信していくブログです!

ブルーボトルコーヒーの今は?日本とアメリカで比べてみた

 

[この記事は1分で読めます]

どうもコウです!

f:id:KOUdesu:20190801001304j:plain

 

サードウェーブっていうのは聞いたことありますか?

 

コーヒーの世界で何年か前に話題になったワードなのですが、コーヒー業界に3回目の大きな流れが出来た事を意味します。

 

その中心にいたのが今回の話の中心ブルーボトルコーヒーであり、【浅煎り中心のコーヒー豆】です。

 

 

そこから数年経ち、当然流れも変わってきたのですが、今のブルーボトルコーヒーはどんな感じなのでしょうか?

 

 

拡大?衰退?それとも…?

 

 

そんな話を進めていきます!

 

 

 

 

1.ブルーボトルコーヒーとは?

f:id:KOUdesu:20190829182022p:plain

出典元:BlueBottleCoffee Webサイト内より(https://bluebottlecoffee.jp/our-story)

 

まず知らない方の為に少しだけブルーボトルコーヒーのお話をしていきますね。

 

ブルーボトルコーヒーとはアメリカ・カリフォルニア州オークランドに本社を構えるコーヒーカンパニーです。

 

詳しい時期の情報はありませんが、2000年前半に会社を構えたあとはサンフランシスコ各地に出店し、その後2010年にはNYにも出店しました。

 

そんなブルーボトルコーヒーが日本に出店したのは2015年のこと。

海外出店は初で場所が今ではお馴染みの清澄白河です。

 

当時国内の優秀なバリスタに声を掛けるなど、本気で頭ひとつ抜けたお店作りを目指しているのが見て取れました。

 

また現在では、

 

国内に17店舗、アジア進出2ヶ国目となる韓国で4店舗(もうすぐ5店舗目も?)も出店しています。

 

そんなブルーボトルコーヒーの特徴というのが、 良質な豆を国内の店舗で焙煎し、フレッシュで1番味のまとまるタイミングでお客様に提供する点です。

 

バリスタも焙煎士も本物のスペシャリストを揃えて、浅煎り〜中煎りに焙煎した豆のポテンシャルを充分に引き出すように一杯のコーヒーを作り出しています。

 

2.海外と日本の違いとは?海外のブルーボトルコーヒーへ行ってみた!

 

実際に今年4月にロサンゼルスのブルーボトルコーヒーへ行ってきました!

 

場所は2ヶ所で、

 

ダウンタウンにあるBradbury店(300 South Broadway  ,Los Angeles、CA 90013)

f:id:KOUdesu:20190829183520j:plain

 

 

ヴェニスビーチからほど近いEdgemar店(2439 Main St ,Santa Monica、CA 90405)

f:id:KOUdesu:20190829183259p:plain

GoogleMapより
 

前者はダウンタウンの古い建物を使用していることからすごく雰囲気があるお店です。

しかし店内にはいると、ブルーボトルコーヒーらしい白で統一されたモダンさのある店内になっており、PCで作業をする方や学生が多くいたのが印象的でした。

 

後者はヴェニスビーチにほど近い店舗。

小さな店舗のため2名のバリスタで廻していました。今まで清澄白河とか新宿の店舗を見て来たのでこんな小さな店舗のブルーボトルコーヒーは初めてでした。

 

✔︎日本との違いは?

実際に日本と海外のブルーボトルコーヒーに違いはあるのでしょうか?

 

答えは同じです!

 

僕も何か違いがあるかなと思ったのですが、そんなことは無く良い意味で同じでした。

というのもちゃんとコンセプトがしっかりしているのでしょう!

 

どの店舗も白が基調、メニューが木製、バリスタがカジュアルな服装で一杯ずつ丁寧に淹れていました。

 

3.ブルーボトルコーヒーの今は?

f:id:KOUdesu:20190829204138j:plain

 

今のブルーボトルコーヒーはどうなっているのでしょう?

 

先ほど書いたのですが今ブルーボトルコーヒーは国内だけでも14店舗まで拡大しました。しかし、そのほとんどは東京都内で地方にはこれからになるのかもしれませんね。

 

 

またアジアには韓国へ出店し5店舗目もオープンするようですね!

 

 

アジア展開は日本にオープンする前から噂にはなっていたので、これから色々な国にも増えて行くかもしれませんね!

 

 

また国内店舗に来店すると以前のような混雑はありません。

ただそれはネガティブなことでは無く、安定期に入ったように感じます。

 

真新しいお店には行列が出来、いつか廃れていくことが多いのですが店舗が増えていることや海外展開が進んでいることを考えると、話題になるエリアを移したという印象かと思います!

 

 

4.少し贅沢なコーヒーを飲みたくなったらブルーボトルコーヒー

良質なコーヒー豆を積極的に仕入れ、知識と技術のある焙煎士やバリスタがコーヒーを提供する

 

このスタイルはブルーボトルの良さであり、変わらない部分だと思います。

 

普段缶コーヒーしか飲まない方からすれば少し高いコーヒーかもしれませんが、コーヒーというものの印象がガラッと変わると思いますよ!

 

毎日飲める訳でもないと思うので、自分へのご褒美や特別な日に飲んでみるのではいかがでしょうか?

 

それでは今日はこの辺で

 

 

読んでくれてありがとうございます!!

 


人気ブログランキング